腹黒PLAYERS日記〜PRIVATE GUYS〜

アクセスカウンタ

zoom RSS [吹割の滝〜赤城山〜伊香保温泉]ツーリング その2 伊香保温泉編

<<   作成日時 : 2006/09/11 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

PM3:30 赤城山を背に峠を下る。信号の数が少ないので、ほとんど止まらず渋川へ。
最初にあった旅館案内所で宿を決めた。今はwebで予約が簡単できてしまうけど、いきあたりばったりで斡旋される宿に泊まるのも粋。土日だから空いているところ少ないと思っていたが、あっさり案内された。みんな失敗したくないからWebなんだな、たぶん。

画像


画像


紹介するまでもない宿に着き、部屋へとおされる。そんなことはなく鍵だけ渡される。16畳ほどの和室、悪くないと思いつつ、菓子箱に入っていた飴をなめた。ん?溶けてる。一夏を越えた飴だな?カレンダーも8月のまま、僕らは9月になって初めて客ですか?まあひどいもんだ。でも素泊まりだし安いし、文句は言えない。

気を持ち直し、温泉へはいった。
なんだが、温泉成分なのか、塩素なのか区別のできない香りが立ちこめる。きっと温泉さ、と言い聞かせ髪を洗おうとしたそのとき、びっくり、シャンプーのポンプにリンスが入っていた。誰か言ってあげないのか・・・ひどい。
なんじゃ、この宿・・・

まあいいやと思い、石段へ散歩をしにいくことにした。もうまっちーもキムも僕も喉がカラカラ、居酒屋やレストランを探すが、どの店も開いている気配がない。仕方なく現地の人聞くと、このあたりの店の客は観光客がほとんどで、泊まる宿での食事が終わってからでないと、出てこないので早い時間から店を出しても、人が入らないから、8or9時以降OPENの店が多いらしい。でもその渇いた喉に辛抱できず、酒屋で缶ビール。伊香保に乾杯!!

画像

夕暮れ時石段に腰掛け、30の男たちは缶ビールを片手に、夢を煽るのです。


出直そうと決め、石段を下っていると、一件だけやっている店があったので、そこで夕飯をとることにした。これがアタリであった。メニューにないもち豚・天ぷらを盛り合わせでオーダー。最初の客だったためか無理を聞いてもらえた。おいしい!肝心なもち豚のカツがまた美味い。

画像


画像


雨に湿った石段に、橙色の街頭が反射し、夜が彩られていったのでした。
続く・・・
加藤大

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
伊香保、懐かしい!
最後に行ったのは、ン年前かな・・・
私はあの、昼間のうら寂しい、寂れた感じの石段街も、好きだったりします。
まりりん
2006/09/12 17:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
[吹割の滝〜赤城山〜伊香保温泉]ツーリング その2 伊香保温泉編 腹黒PLAYERS日記〜PRIVATE GUYS〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる