腹黒PLAYERS日記〜PRIVATE GUYS〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 栃木600qの旅 その@[那須岳〜秘湯・滝を巡る]

<<   作成日時 : 2006/10/13 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

栃木県に足を踏み入れたのは初体験で、地図をじっくり眺めるところから始まり、終わってみれば600q走る長旅となった。今回は訳あって私ときむの2人旅。

最初の目的地は那須岳にある北温泉という秘湯。どこらへんが(秘)であるか確かめに行った。

朝5時過ぎに川崎の家を出た。多摩川を渡るとき臨んだ朝日は、とても綺麗で東京にもこんな時間があり、いつもはそれに気がつかない生活を忙しなく送っているのだなと思う。浦和料金所できむと待ち合わせ、東北道を北へ向かった。

那須ICを降り、那須岳まで1直線。有料道路ボルケーノハイウェイを一気に駆け上る。が、、すごい風。しかも雨まで降ってる。ロープウェイも運行を中止しているほど、那須岳はきびしい。

しかし、展望台につき初めて後ろを振り返って観た景色は、壮大で欲などすべて消えてしまう力を持っている。

画像


北温泉はその道から少し入ったところにある。バイクをとめて歩くこと10分。谷を下っていくと、古くさい建物が見えてくる。それが「北温泉」であった。

人工的に彩られた箱根の温泉なんかが馬鹿らしく見えてくるほど、自然な温泉。渓流を望みながらの露天。那須岳から吹き下ろす風が冷たく、思わず首までつかる。明治からあるといわれるその建物の造りにどこか安らぎを感じる。

画像


向こう岸のハイキング客と目が合う。どちらが猿か、それは二人の秘密。秘湯とはこういうことなのだと知る。

那須高原の牧場で昼食をすませ、「乙女の滝」へ向かう。その流れ落ちる水の様子が乙女の後ろ髪に似ていることから名付けられたらしい。写真ではドレッドにしか見えないが。。。きむもまっちーも乙女座。まっちーに見せたかった。高さ10mほどの滝、これくらいのサイズが観るに感じるにちょうどよい。その後、塩原温泉郷で回顧の湯につかり、宇都宮で餃子を食べて初日を終えた。

加藤大

画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
乙女座は他にもいるよ
トト
2006/10/14 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
栃木600qの旅 その@[那須岳〜秘湯・滝を巡る] 腹黒PLAYERS日記〜PRIVATE GUYS〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる